初めまして。ゆるブログ、スタートします。

初めまして。

Tomokiと申します。 2007年から、ノマダシアという「アーユルヴェーダをインドで学ぶ」というコンセプトでアーユルヴェーダコースやさまざまな企画を作っています。現在はニューデリーに在住しています。今まで楽しく続けてこれたのも、ひとえに皆様のおかげです。

突然ですが、みなさん、どうしてアーユルヴェーダに興味がありますか?

実は、私は最初からアーユルヴェーダに興味があったわけではありませんでした。当時、自分の体と心のコンディションは最悪でした。でもそれにも気が付くわけでもなく、今思えば、焦りや不安やいろんな将来を思いながら、常に何かを探していたような気がします。

私は31歳でストレスと寝不足から約2日間ほど記憶喪失になったことがあります。まだ、アーユルヴェーダを知らなかった時です。

それ以外にも、体のニキビや、失語症や、生理不順、PMS症候群、パニック症候群にもなりました。でも、これはあまり珍しい事ではなくて現代ではあまり珍しくない病気です。

「どうして、こんな事が起こるんだろう」そう思いながら35歳ぐらいまで生きてきました。

今は、全部説明がつきます。そしてそれをどんな時に当てはめても、自分じゃなくてもわかるようになりました。どうしておこるかわかるので気を付けていたら、おこらないようになりました。

私の悩みのすべてを解決してくれたのが、アーユルヴェーダでした。

今はインターネットが普及しているので、すぐにいろんなサイトでアーユルヴェーダを調べる事ができます。たくさんのアーユルヴェーダに関する講座や本がでています。でもどうして心や体の病気がこんなにも増えるのか。それは、アーユルヴェーダを理解するためには、日本の常識を一度リセットして学ぶ姿勢が必要なのではないかと思っています。

私は決して偉そうな事を言えた立場ではありません。実際、私はお酒ものみますし、魚や肉も食べますし、怠け者です。楽しい事が好きなので、新しい何かに向かっていく過程とか、挑戦しているのが大好きです。

2020年から始めたブログでいろんな人とつながりたいし、いろんな事を伝えていきたいです。これからも宜しくお願いします。

Nomadasia(ノマダシア)について

Nomadasia-logo

Nomadasia(ノマダシア)という言葉は、造語です。現在は事業名にしています。

2007年に、当時あまり認知度がなかったのですが、「Nomad(ノマド)」と「Asia(アジア)」で世界を自由に行き来するアジア人になりたい、という思いで付けました。

初めてスタートしたサービスは、「英語ができなくても、インドが初めてでも、女性一人でも、アーユルヴェーダがインドで学べるようにしよう!」というものです。

ノマダシアの現在のサービスはこちら

現在は「アーユルヴェーダをインドで学ぶ」以外にも

  • 薬用オイルのご紹介
  • オンラインコンサルタント(2月スタート予定)
  • アーユルヴェーダハーブのご紹介

などを行っています。サービスの詳しい内容はこちら。お気軽にお問合せください。

ブログについて

このブログでは、主にインドのアーユルヴェーダに関する本やアーユルヴェーダクリニックで使われているテキストを引用しながらTomokiの解説を加えて書いています。

引用テキストは以下の通りです。

  • KeralaSanthigramAyurveda Basic course text
  • Patanjali出版 Parctical Aproach to The Science of Ayurveda ( Acharya Balkrishna)

コメント

タイトルとURLをコピーしました